FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

巨乳の元スイマーとの不倫セックス体験談/小説/話

巨乳の元スイマーとの不倫セックス体験談/小説/

↓スマホアプリで読むならこちら
⇒スマホで読む
↓WEBでそのまま読むならこちら

私、アラフォーのオッサン。嫁さんと子どもあり。N美、25歳元スイマー。可愛い。
N美が入社したのは五年前、専門学校卒業しての就職でした。可愛いくて、溌剌としていて、キラキラ輝いて見えました。
ただ可愛いというのは私の主観で、まわりの評価は普通だったと思います。N美は残念ながら違う部に配属されました。
そんなN美とどうして接点が出来たのか?それは本当に偶然でした…。

ある日、私のところに知らない書類が来ており、それを取りに来たのがN美だったのです。
N美を間近で見た私は、思わず「可愛い」とつぶやいてしまいました。

アラフォーの今では完全にキモいオッサンの言動ですが、当時はかろうじて受け入れてもらえたのでしょう。
N美は聞き逃さず、「ありがとうございます」と言ってくれました。

それからは会うと親しくしかけてくれるようになりました。
しかしそれ以上発展することはなく、数年が経ちました。

ある日嫁さんの実家で用事があり、嫁さんが子どもを連れて実家に帰りました。こんな時に限って仕事も早く終わります。

晩御飯どうしようかな、などと考えていると、玄関でN美と出会いました。
久しぶりだったんで「N美ちゃん久しぶり、相変わらず可愛いね」などと軽口を叩きました。

いつもなら「ありがとうございます」って明るく返すN美が反応ありません。
「飲みに連れてってくれません?」
N美が反した言葉はこれでした。信じられないタイミングだと思いました。

さすがに一緒はまずいので、いきつけの居酒屋を教えて別々に合流しました。
いつもしているとはいえ、N美と二人きりははじめてです。
しかも年齢も10歳以上離れています。私は少し心配になりました。

しかしそんな心配は合流直後に吹き飛びました。N美は先ほどとは違い、明るい彼女に戻っていたからです。

N美は酔ったのか、たまにタメ口になります。それがまた、距離を縮めているようで嬉しかったです。

居酒屋を出る頃にはすっかり打ち解けていました。
そして、ショットバーで飲みなおすことになりました。ここは10年くらいの行きつけで信頼できるところです。

N美はちょっと大人の雰囲気に目をキラキラさせてます。
N美に甘いベリー系のカクテルを注文すると、苺とラズベリーが乗ってきたのに感動してます。

それを見て、つい「N美ちゃんは本当に可愛いね」と言ってしまいました。
それを聞いたN美は黙り込み
「そんなこと言ってくれるの課長だけです」
と消え入りそうな声で言いました。

異変に気付き顔を見ると、目にうっすら涙を浮かべています。
そして堰を切ったように涙と彼氏に二股かけられた上、酷い振られ方したことをはじめました。

泣いてる女性の説得は苦手です。なだめて泣き止ませると潮時と判断し、会計を済ませました。

店を出て、N美だけをタクシーに乗せようとしましたが、N美は嫌がり乗ろうとしません。
無理やり乗せようとした私に対し、N美は「あの言葉はウソなの?」と聞いてきました。
あの言葉とは、ショットバーでN美を慰める為に使った「抱けるなら抱きたい」と言う言葉でした。

それはN美が「女性として魅力ない」とか「女としては見れないでしょ」と言った言葉に対しての返答だったのですが、こうなると言葉が独り歩きします。

そもそも若く、好みの女性から迫られて拒否出来るだけの技量も忍耐もありません。
N美に押し切られる・・と言ったらN美に失礼ですね、私はN美をホテルに誘いました。

タクシーの中でN美は私にもたれかかります。フワッとしたいい香りがしました。
タクシーの運転手は怪しい二人と思っていたでしょう。

ホテルに着くなりN美は玄関からキスしてきました。私も応酬します。
N美の肉付きの良い体をなでまわします。
キスしながら服を脱ぎ捨てベッドまで行きました。
そんなに触れた憶えはないのにN美のあそこはビチャビチャになってました。

キスで繋がりながらゴムを着け、下も繋がりました。
あそこの具合は、やはり若いだけあり出産経験のある嫁さんとは違いキュッキュッと締まります。
吸い付くようなN美の肌を感じなからいっしょにいきました。

スッキリしたのかN美は元気を取り戻したようです。
「いっしょに入りましょ」って言われて二人でお風呂に入りました。

浴槽に浸かりながら体を洗うN美を見ます。
元水泳部らしいムッチリとした体にDカップの胸が実にいやらしいです。
そんな私に気付いたN美は「そんなに見たいかな~」といいながらおっぱいを私の顔にくっつけてきました。

お風呂場でふざけあって後は再びベッドで二回戦をはじめました。そこでN美は全身リップをしてくれました。

さすがに知り合いの女性に指からおしり、足の指舐められるのはしびれました。
本人は「舐めるの好き」ってあっけらかんとしてましたけどね。

私もお返しにたっぷり舐めました。
全身リップは出来ませんでしたが。十分濡れたところでバックで挿入しました。

入れながらおっぱいとク○トリスをいじると「それイイ」と言い感じてるようでした。
それからバックで突いて再び同時にいきました。

その後、N美をタクシーで帰して私も帰りました。
N美とは今でも仲良いですが、二人で会うことはありません。
N美も同じ気持ちらしいです。
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

小説 | 2017/02/12 06:49

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。