FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

欲求不満の淫乱人妻をバックでハメたエロ体験談/小説/話

欲求不満の淫乱人妻バックでハメたエロ体験談/小説/

↓スマホアプリで読むならこちら
⇒スマホで読む
↓WEBでそのまま読むならこちら

GW中、家の手伝いで買い物に行ったら偶然帰省していた裏のYと合った。
幼馴染みで仲良かったが嫁いで行った以来連絡も取らず実に八年振りの再会だった。
「久し振り~。帰ってきていたんだ。久し振りだしさない?」
と茶店に誘った。色々会をしていたらふと思った。「子供は?いないの?」
「なかなか出来ないの。旦那出張が多いし、それに・・・」
と途中で言葉を濁したので直感で欲求不満だなと思った。

いきなりその部分を突いて警戒されたらせっかくのチャンスがダメになると考え、昔から気をほぐしながらゆっくりと攻め、夜飲みに行く約束まで辿り着いた。

夜になり近くのコンビニで待ち合わせをして出かけた。
「車じゃダメだよ」
とYが言うので
「ハンドルキーパーだから大丈夫。気にしないで飲んでストレス発散してくれ」
と言うと嬉しそうな顔をした。

飲み屋に着きしばらく陽気に飲んでいたYが急に
「ウチの旦那、早いのよアレが」
と言ってきた。
チャンスが来たのでそこからはYを持ち上げ、慰め、褒め、にこやかになったYを見て「今だ」と仕上げに
「飲んで愚痴ってストレス発散できたみたいだな。次は欲求不満の方を発散しに行くか?」
と笑いながら言ったら、Yはニコっとしたままコクッとうなづいた。
あまり酔われるとつまらないので早々に切り上げホテルに向かった。

ホテルに入るとYはベッドに座ると
「こっちに来て」
と言うので近付くとズボンのチャックを下ろしチ○ポを出しフェラしてきた。
Yの突然の行為に一気にフル勃起したチ○ポを見て
「ウチの旦那より数倍大きくて堅くて太いよ」
とジュポジュポしゃぶってきた。
相当溜まっていたのか凄いフェラをしてくるので前戯も無しにそのままYの下着をはぎ取り犯す様に乱暴にバックからぶち込んだ。
突けば突くほど乱れるY
「これよ!こんな風にされたかったの!」
と叫びながら喘ぎよがって早くもイキ果てた。

イッてない俺はそのまま突き続けた。
するとYは
「ちょっちょっまっ待って、ああああ」
と狂った様に腰を振り始めた。
「コイツ相当な淫乱だったんだな。うまくいけばセフレに出来るな」と責め続けた。

やっと俺がイッた後、息を整えながらYが汗だくで
「何回イッたか分からないよ。途中で頭の中真っ白になって凄かった」
と言うので、
「今度は向き合ってヤりたいから、ホラしゃぶってくれよ」
と言ったら
「もう出来るの?またしてくれるの?」
としゃぶりついてきた。
精液の残りを綺麗に舐め取り、舌先で先を舐め、玉から上に舐め上げ、淫乱っぷりを発揮し始めたのでそのままYを脱がし結構デカい乳を鷲掴みにし揉みまくった。
咥えながら悶えるYの姿にドS魂が燃え始めたので即挿入してやった。

そのままで突きまくるとやはり淫乱の気があるYは
「もっともっと!ああああ」
と乱れまくった。
また何回かイッたYが
「もうダメだから、か、解放、して~」
と叫んだのが笑えたがそのまま責めて俺もイッた。

その後、風呂に入った後にまたヤってやった。
満足したYにこれからもたまに会おうと言ったら恥ずかしそうに
「また今日みたいにメチャメチャにしてくれるの?」
と言ってきた。

計画通りセフレになったので満足だった。
全て生の中出しでしてやったがYが
「帰ったらすぐに旦那とつまらないセックスするからいいよ」
と言ったので問題は無くなった。
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

小説 | 2017/02/24 06:23

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。