FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

夜にメル友の人妻との野外露出セックス体験談/小説/話

夜にメル友の人妻との野外露出セックス体験談/小説/

↓スマホアプリで読むならこちら
⇒スマホで読む
↓WEBでそのまま読むならこちら

メル友サイトで知り合ったH(34才)。
既婚でしたが直ぐにアドを交換し、直メするようになりました。
「会おうか?」とメールしたら「彼女居るんでしょ……悲しむよ」
私「会ってもHな事するんじゃ無いでしょ?……なら大丈夫だよ」
H「……そうね」
またHにメールで
私「会いたいね」
H「今日は休みだから昼間なら会えるよ」
Hと昼休みに待ち合わせしました。
現れたHは薄手のワンピースを着ていて、強い風に吹かれて身体に張り付き、Hのボディラインがバッチリわかました(喜)

昼休みも終わり、Hと別れた後にメールで

私「今日は来てくれてありがとう、初めて会って恐くなかった?……Hちゃん可愛いね、気に入っちゃったよ」

H「恐くなかったよ……むしろ可愛かった(笑)」

可愛いですか……私が年上なんだが(笑)。

私「今度はゆっくりしたいね……仕事終わってから会えないかな?」

H「水曜ならダンスの練習に行ってるから良いよ」

一度会い、気に入った上での夜のデート……Hの期待大です。

Hを迎えに行き、車に乗せました。

H「ダンスの練習で出てきたから」

とジャージの上下を着ていました。

私「脱がすの簡単じゃん、ラッキー」

と思いましたよ(笑)。

車を走らせて人気の無い山頂に有る展望台へ……案の定、車は居ません(喜)。

しばらくをしながら、Hの手を握ってみると……Hも握り返します。

を続けながらHの肩に手を回し、引き寄せてみると…………Hは素直に寄りかかってきます。

私「こりゃイケるな」

と思い、Hの顎を指先で軽く持ち上げながらキスをしようとしたら

H「……彼女悲しむよ」

私「今はHちゃんが彼女だよ」

そう言ってHにキスをしました。

Hにキスをし、舌を使って唇を舐めたり吸ったりしていると……Hも唇を開き、互いに舌を絡めた激しいディープキスに。

私はHのTシャツの上から胸を揉んでいきます。

更にHのTシャツを捲り上げていくと……派手なブラジャー。

勝負ブラ?……Hも最初からその気だったのかな?(笑)。

Hの背中に手を回してブラのホックを外します……Hの生胸とご対面、片方を揉み、乳首を弄びます。

もう片方は口を使って、乳首を舐め、吸い付きます。

更にHの太股の間に手を入れて、Hの両脚を開かせていきます。

Hは自ら両脚を大きく開いていきます……Hちゃん堕ちた(ニヤリ)。

Hにキスをしながらジャージの上からアソコを触り、手をいやらしく動かすと

H「あぅ・・・んふ」

反応が激しくなります。

Hのジャージ(下)の中へ手を滑り込ませ、パンティの上からクリちゃんを愛撫し、更にパンティの横から指を滑り込ませてクリちゃんを押し潰すように刺激するとHは凄い反応で私に抱きついてきました。

しかし、私の車はクーペ……車内が狭く

私「これ以上は無理、どうするか?!」

と思っていたら

H「……外に出よ!」

外へ出ると手を繋ぎ、ピッタリくっついてるH。

人気は全く無く、少し歩くと壁に遮られたベンチが有りました!。

その壁にHを押し付けディープキス、お互いの唇や舌を激しく吸い合います。

Hの胸を揉みしだき、乳首をキュっと軽く捻ると。

H「きゃんっ」

と反応してました。

私はしゃがみながらHの乳首を吸い、ジャージの下をズリ下げます。

Hのピンクのパンティ発見!。

パンティの中に手を入れると……さっきまでの愛撫で

「グチャ!……」

Hちゃん、準備オケイです!(喜)。

クリちゃん等を指先で責めてると、すでにスイッチ入ってるHは私にされるがまま状態!に。

Hを後ろ向きにし、壁に手を着かせて尻を突き出させます。

Hのパンティをお尻からプルン!と剥ぎ取り、足首までずり下ろしました。

Hの両脚を大きく開かせ、たまのすけ棒をズブズブっ!Hにバックから挿入しました!。

ちょっと入れにくかったのですが……たまのすけ棒はHの潤った蜜壺に無抵抗で侵入していきます。

ゆっくりとピストン開始、Hを犯します。

H「あっあっあっ・・・」

Hの双乳を揉みしだき、乳首攻撃しながら激しく腰を動かし突き続けると……Hもカウンター気味に腰を使い始めました。

Hのクリちゃんとアナルを同時攻撃してやると……Hは簡単にイってしまいました。

私はベンチに横になり

私「今度はHが入れて」

Hは私に跨り、たまのすけ棒を自分で秘穴にズブズブと沈めていきます。

さすがにダンスで鍛えてるだけあって、Hの腰使いが激しく、私がイキそうになりましたが

H「もう、イキそう、イク、イク~~~っ!」

Hはイってしまい脱力……私に覆い被さるように抱きつきました。

Hを抱いたまま上体を起こし

私「Hちゃん、イッたの?」

H「コクリ」

Hとしばらく抱き合いながら……

私「ボクはまだイッてないよ~」

と言いつつ、Hの頭を私のたまのすけ棒に誘導すると……身体の力が抜けているHは押されてペタンと座り込みます。

Hは私の両脚の間に挟まれて太股に寄りかかっている状態になりました。

私「Hちゃん、口でしてよ」

Hはチロっと舌を出してたまのすけ棒に這わせ始めました。

Hの頭を押さえて口内に挿入、Hの口で激しくピストンさせた後はじっくりとしゃぶらせ、奉仕させていると。

私「Hちゃん、出るぞ」

私も結構、キていたので長持ちせずHの口内に発射。

Hはゴクリと飲み干し、残りも舐め上げてくれました。

H「ホントは飲みたくないんだよ」

だって(笑)。

しかしHは

H「こんなHは初めてだった……今度はベッドの上で試してみたいね!」

と言いました。

Hはダンナを迎えに行く時間が迫って着たので駐車場まで送り、キスをして別れたのでした。
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

小説 | 2017/02/26 09:56

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。