FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

親切な女性店員とのカーセックス体験談/小説/話

親切な女性店員とのカーセックス体験談/小説/

↓スマホアプリで読むならこちら
⇒スマホで読む
↓WEBでそのまま読むならこちら

子育てに忙しい女房とはセックスレスだったから、欲望の捌け口の最初は風俗だった。
だけどヘソクリも使い果たし、もっぱら自家発電で処理してた。それもほぼ毎日、車の中で。ところがその頃やたらと仕事が忙しくて、1ヶ月くらいはオナる暇もない程。
本当に忙しいと、朝勃ちもしないんだな。ようやく早目に帰れるという日、ビールを買うために遅くまで営業してる大型ドラッグストアに夜19時過ぎに車を入れた。

時間もまだ早いし、久々に自家発電しようと思い立ち、
店の前に広がる駐車場から、他の車が少ないだろう屋上駐車場に車を移動。

案の定、他には車がいない。
その隅っこに停車して、お気に入りのAVを観ながらシコってたら、
あっという間にイク寸前までになった。
ティッシュを箱から引き抜いて準備しようとすると、何と1枚しか入ってなかった。

今さら買いに行くのも辛かったし、
財布にコンドームを1個常備しているのを思いだしたので、
早速チ○ポに被せて高速で扱いたら、半分ゼリー状のザーメンが沢山出た。
いつもなら直ぐに萎んでくる筈のチ○ポは、
やはり久しぶりのためか硬さと大きさを保ったまま。
まるで抜かずの2発だな…なんて考えながら、再びAVに見入りながらシコりだした。

2回目の発射までもうすぐという頃、トントンと窓を叩く音と同時に、
「屋上を閉めたいんですけど、…」
という女の声が。
いや~ビックリしたね。
だけど、その女も俺の様子に驚いたようで、しばらく固まってた。
お互い無言状態だったんだけど、思いもよらない女店員の一言が不倫の始まりだった。

「良かったら、お手伝いしましょうか?」
最初、何を言ってるのか分かんなかった。
しかし、その女はいきなり助手席に乗り込んできて
「私がお手伝いします」
とチ○ポに手を伸ばしてくる。

でもコンドーム内のザーメンに気が付いたようで
「あらっ、終わってたんですね」
「いや~実は2回目なんです」
「それにしても元気ですね」
と擦りながら微笑む。
強すぎず、弱すぎずの絶妙な力加減。
ついつい俺も胸を触ってしまう。

拒否られないのでブラウスのボタンを外して、
ブラジャーの隙間から生乳を揉んだり、指先で乳首を転がしたりしてた。
思い切ってスカートの中に手を突っ込むと、既に濡れているのが確認出来た。
お互い手を動かしながら、ちょっとした自己紹介。

女店員の名前はSで29歳。
旦那がバーテンダーで夜不在のため、夜間パートをしている。
子供はまだ出来ない、というよりは時間のすれ違いでセックス自体がないらしい。

「俺もセックスレスだから一緒だね」

なんてしている内に、猛烈な快感が襲ってきて、本日2回目の発射。
ところがどうだろう!まだ萎えない。

「駐車場閉めますけど、ここにいて下さいね」

と言い残してSは店に入っていった。
15分程して私服に着替えてSが戻ってきた。
そしてまた助手席に乗り込むと、

「業務上横領です」
とコンドームの箱をバッグから取り出した。

「今度は私も最後まで面倒みて下さい」
2度の放出にも関わらず、チ○ポはギンギン。
狭い車の中でディープキスから始まり、
日頃の欲求不満を解消するために着衣のまま愛撫しあった。
どうにも服が邪魔だし、どうせ誰も来ないのだからと、
思い切って車の外に出て2人とも全裸になった。
車のボンネットに手をつかせて立ちバックで合体。

Sは声を抑えている。
Sの本気の喘ぎが聞きたくなったので、再び車の中に移動して突き上げた。

「今日3回目なのに凄く硬いね。このまま逝っていい?」

その問いかけに、俺は腰のスピードを上げる事で応えた。

「ダメ、ダメ、逝っちゃうよ~!」

そう叫ぶとぐったり力が抜けた。
少し遅れて俺も大量放出。
以来、週に一度は求め合う仲になっている。

関連記事
スポンサーサイト
[PR]

小説 | 2017/03/11 03:26

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。